読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライスタート TECH系ブログ

株式会社ミライスタートのエンジニア達が気になったTECH系の記事等をアップしています!

自分の開発環境だけignoreする

こんにちは。エンジニアの高橋です。

チームで開発をしていると、開発者ごとに開発環境が違ってくるかと思います。

自分の環境のみで使用している設定ファイルを
リポジトリ内の.gitignoreに記載しないけど
全体のリポジトリに追加したくない事があるかと思います。

そんな場合は、以下の方法を使用する事で特定ファイルを管理対象外にできます。
これで間違って追加してしまったというミスをせずに済みますね。
(私も間違ってコミットしてしまい、取り消しを行った事があります。。)

自分の全gitリポジトリから管理対象外にする

自分の開発環境のすべてのリポジトリ
対象のファイルをバージョン管理対象外にする場合は以下のコマンドを実行します。

$ git config --global core.excludesfile $HOME/.gitignore_global

すると~/.gitconfigに追記されます。

[core]
excludesfile = ~/.gitignore_global

あとは~/.gitignore_globalに除外したいファイル名を記載すると
記載したファイルがバージョン管理対象外になります。

特定のリポジトリ内で自分の環境だけ管理対象外にする

特定のリポジトリでのみバージョン管理対象外にしたい場合は、
対象のリポジトリ配下にある.git/info/exclude
除外したいファイル名を記載します。

echo ignore_file.txt >> .git/info/exclude