読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライスタート TECH系ブログ

株式会社ミライスタートのエンジニア達が気になったTECH系の記事等をアップしています!

Flaskで始めるPython

こんばんわ、エンジニアの高橋です。
弊社ではPythonを使用したシステムを開発しています。

最近ディープラーニング機械学習の話題をよく聞きますが、Python機械学習を行うための標準ライブラリが多く、数学系の演算が得意なため Pythonで書かれた情報を良く目にするかと思います。

そこで今回は Pythonの勉強を始めた方に、手軽にWebアプリが作れるフレームワーク Flaskを紹介します!

Flaskとは

FlaskはPythonのマイクロフレームワークで、最小1ファイルでWebアプリを作成することができます。
フルスタックフレームワークと違い必要最小限の機能だけで構築されているためで、私も簡単なアプリを作成する際は良く使用しています。

Flaskの導入

Flaskを使うために必要なパッケージは、pipというパッケージ管理ツールでインストールできます。

# Flaskに関連するパッケージの検索
pip search Flask

# Flaskパッケージをインストールする
pip install Flask

# pipでインストールしたパッケージをファイルで管理する場合、
# このコマンドでインストール済みのパッケージをテキストファイルに出力する
pip freeze > requirements.txt

# 出力したテキストファイルからインストールする場合はこちら
pip install -r requirements.txt

Hello World!

次にインストールしたFlaskを使い、プログラムを作成していきます。

1. 以下のファイルを作成

$> cd helloword(任意のフォルダ)
$> vi app.py

2. ファイルを編集

# Flaskパッケージをインポートする
from flask import Flask

# Flaskインスタンスを app という名前で生成する
app = Flask(__name__)

# Webアプリケーション用のルーティングを記述
# index にアクセスした際の処理
@app.route('/')
def index():
    return 'Hello world!'

# 開発用サーバーを実行
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

たったこれだけでHello Worldをブラウザに表示することができます。
それでは作成したプログラムを実行してみましょう!

コマンドラインで以下を実行してください。

$> python app.py
* Running on http://127.0.0.1:5000/ (Press CTRL+C to quit)
* Restarting with stat
* Debugger is active!
* Debugger pin code: 119-218-279

http://127.0.0.1:5000/ にアクセスするとHello world!が表示されているかと思います!


このように Flask を使用すれば少ない記述でウェブアプリケーションを作成することが可能です。
サービスのプロトタイプを作成する際は、いかに素早く作れるかが大切なのでこのように高速に作れるフレームワークがあると助かりますね。

今後、Flaskを使った実用的なアプリケーションの作成方法なんかも紹介していきたいと思います!